持続化給付金

新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。と経済産業省から発表がありました。

 

【持続化給付金】

新型コロナウイルスの影響で、売り上げが下がった法人・個人事業者に対する給付制度であり、要件に該当し申請したら、通常2週間程度で給付通知書を発送後、登録している口座に入金されるそうです。しかも、返済不要。

給付額

法人200万円まで、個人事業者100万円まで

ただし、昨年1年間の売り上げからの減少分が上限なのでしっかり確認しましょう。

給付額の計算方法

前年の総売り上げ(事業収入)-(前年同月比▲50%月の売り上げ×12ヶ月)=給付額

10万円未満は切り捨て

【給付対象】

資本金10億円以上の大企業を除く、

中堅・中小法人、個人事業者を対象としています。

また、医療法人、農業法人、NPO法人等、

会社以外の法人についても幅広く対象となります。

【申請期間】

給付金の申請期間は令和2年5月1日から令和3年1月15日までとなります。

【申請証拠書類】

法人

1. 法人番号

2. 2019年確定申告書類

3. 対象月の月間事業収入がわかるもの(帳簿等)

4. 通帳の写し

個人事業者

1. 2019年確定申告書類

2. 対象月の月間事業収入がわかるもの(帳簿等)

3. 通帳の写し

4. 本人確認書類(運転免許証等)

お気軽にお問い合わせください。

新型コロナウイルスで売り上げが減少し困っている事業者様に

しっかり申請し給付して頂きたいです。

お問い合わせ

mobile: 080-5562-8194

fax: 098-893-4053

沖縄県宜野湾市志真志1-3-6

©2019 by 立花真一行政書士事務所。Wix.com で作成されました。